美しいのは美容のおかげ

サイトマップ

笑う女性

体型維持するためにやっているダイエット法。

大阪在住の私は、たこ焼きを食べるのが大好きなんですが、運動するのが嫌いなので、少し油断すると体にお肉がついてしまいます。それなので、日頃から継続してできるダイエットを実践しています。まず、一つ目のダイエットです。必ず食事の時は生野菜を最初に食べます。サラダやピクルス、野菜スティックなど、なんでもいいです。家にいるときはもちろんのこと、お弁当にも持っていくし、外食するときもそういう生野菜がとれるメニューをオーダーします。最初に生野菜を食べたら、あとの食事は自由に食べます。食べることが大好きなので、油ものも食べるし、お肉も食べます。量も特に気にかけません。それから、二つ目にやっているダイエットは、夕ご飯の時間に気をつけています。よほどの場合を除いて、夕ご飯は7時前に終わるようにしています。夕ご飯を食べたあとは、飲み物以外は一切口にしません。大体寝る時間は11時から12時の間なので、食後4時間以上は起きています。たまに軽めの夕食の時に、起きていて小腹がすいてしまうこともありますが、白湯を飲むなどして我慢します。どうしても食べたくなったら、寝て忘れます。そして、次の日の朝ごはんはがっつり食べます。この二つのダイエット法を実践しているだけで、たくさん食べても太らなくなり、体重をキープできています!

肌断食を行い肌トラブルから開放されました




意外に思われるかもしれませんが、私が肌を綺麗にする為に行っているスキンケア・マッサージは、
あえて肌に何も付けないようにするという方法です。

「肌断食」と言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
肌には何もつけないようにしたほうが、ターンオーバーも上手くいくので綺麗になれるというものです。
肌は排泄器官なので、ターンオーバーが上手くいけば、シワ、シミ、吹き出物などの肌トラブルも、改善していくらしいのです。

私は敏感肌なので、元から肌に何かを付けることは抵抗があったのですが、
このケアを始める前は、クレンジング剤やスキンケアなど、肌に優しい成分だからと長い間使っていたので、常に肌トラブルが絶えず、肌理も全く無いビニール肌になってしまっていました。

何もつけないケアは、洗顔もぬるま湯がメインで、石鹸を使う事もあまりオススメしていません。摩擦は厳禁なので、とにかく肌に触らない、擦らないを徹底します。
メイクも、できればすっぴん推奨ですが、私はポイントメイクはしています。
お湯で落とせるくらい軽いもので、基本的に手づくりコスメやミネラルコスメを使っています。
スキンケアアイテムは何も使いません。乾燥がひどいときはワセリンを極少量使用しても良いのですが、私は必要なくなりました。

このケアをするようになり、角栓や、ニキビ、シミがとても改善され、肌荒れはしなくなり、とても満足しています。

日常できる運動でダイエット




日本人のカロリー摂取量は年々減少していますが、肥満者は増加傾向にあります。このことは、カロリーを減らしただけではやせられないことを意味しています。ダイエットには運動も必要です。
運動というとジムに通ったり、ランニングなど激しい運動をすることをイメージするかもしれません。運動をしようと思っても時間がない、ジムに通っても長続きしない、激しい運動は疲れるなどの理由で運動ができない人が少なくありません。運動は継続しないとダイエット効果を発揮しません。楽しくできるもの、無理なく続けられるものを選べば、運動を継続できてダイエットを成功へと近づけます。
激しい運動をしなくても、日常生活の中でちょっと動く量を増やすだけでやせられます。
駅ではエスカレーターを使わず階段を使う、一駅分歩く。普段運動をしていない人は階段を上っただけで息切れするかもしれません。息切れするほどなのだから、これも立派な運動です。会社でも階段を使うようにすれば、さらに運動量が増えます。
日常生活の中でできることだから無理がなく続けやすいです。普段から体を動かしていれば、もっと運動したくなるかもしれません。無理なく続けられればダイエットを成功させられます。


[showwhatsnew]

眼鏡っコでもデカ目になれる!

体質上コンタクトが入れられない、もしくはオシャレアイテムとして眼鏡をかけたい!
そんな眼鏡ッコたちに朗報です。
眼鏡をかけていても、盛り系アイメイクはできるんです!
今回は眼鏡をかけていてもできるアイメイクについて、詳しく説明していきます。

【まずはとにかく目を大きくしよう!】
眼鏡をかけていると、特に度入りのレンズの場合、度が強ければ強いほど目が小さく見えてしまう難点があります。
これを克服するために、アイラインは裸眼のときよりもっともっと濃く、太く描きましょう!
色はやっぱり黒がベスト、太さは裸眼時の1.5倍。
目じりをハネたりタレたりする時も、裸眼のときより大げさに描くくらいでちょうどいいです。

【まつ毛問題はこうして解決!】
マスカラももちろん必須です、ガッツリ塗ってかまいません。
ただし、まつ毛をきちんと上げないとレンズにひっかかってアイメイクが崩れますので、ビューラーでちゃんと上向きにしてくださいね。
なお、つけまつ毛は長すぎてひっかかることが多いのであまりおすすめしませんが、元々生えているまつ毛が少なすぎてどうしてもボリュームアップしたいときは、先端を少しカットして短くするといいでしょう。
その上からマスカラを塗れば、より自然な目元になります。

【アイカラーには要注意】
アイカラーを使用する場合は、フレームの色との兼ね合いに注意。
ピンクや赤のカラーフレームなのに、目元がグリーン…なんてことになると、ちぐはぐすぎておかしなことに。
どんなフレームでも自然に溶け合い、かつデカ目効果のあるベージュ・ゴールド系が眼鏡ッコにはおすすめです。
レンズのせいで小さく見えがちな目を、メイクで盛ってキュートに見せましょう!

ボトックスを心斎橋でやるなら:サクラアズクリニック

わたしが毎日している美容健康法


わたしが美容健康のために実践している方法を紹介したいと思います。わたしが実践している美容健康法は「朝のウォーキング」です。

いつもより少しだけ早起きをして、朝のウォーキングにでかけます。朝起きたらまずはカーテンを開けて、太陽の光を浴びながらウォーキング前のストレッチをします。これだけでも筋肉が伸び、身体がほぐれてとても気持ちがいいです。ウォーキングに出かける前にコップ一杯のお水を飲むことを忘れないようにすることが大切です。
脂肪の燃焼が始まるのが20分~なのでわたしの場合は、片道20分で折り返してくるようにしています。なので大体40分の運動になります。程よく汗が流れ良い運動でとても健康的です。新陳代謝も高めることで血行がよくなり、体内も活発に働くので美容にも良いです。

一番のポイントは朝一番にすることです。朝一番にすることによって気持ちの良い一日が始めることができます。

また、もうひとつ美容健康のために取り入れてるものがありまして、「玄米ヨーグルト」というものです。玄米の香りがほのかにし、味はお砂糖のように甘いです。甘味料が一切使われていないのでとても体にいいです。
わたしはこれを毎朝ヨーグルトに入れ食べています。小腹が空いてしまったとき等にも非常に使えます。他にもお湯で割ってそのまま飲んでみたり、豆乳に混ぜて飲んでも美味しいのでおすすめです。

オススメ記事

TOPへ